青いパジェロミニ

免許を取ってから20年余りになり、車も4台乗り換えましたが、一番思い入れがあったのは、3台目に乗っていた三菱パジェロミニですね。
子供の頃から一度は乗ってみたいなという憧れはあったのですが、父親がスズキの代理店の人と付き合いがあったので、その関係で最初はスズキの車を買い、その次もスズキを選び..
そろそろ車検だなという頃に、たまたま通り掛かったとある中古車センターの店頭に青いパジェロミニが並んでいるのを見掛けて、「良いタイミングかも」と考えて、そこで購入しました。
買った時点で5年程経過していて、走行距離8万キロ、シートにタバコの跡があったりしたのもあって、30万円弱と安かったのも大きかったです。
僕は車は走れば良いというタイプなので、多少の汚れは気にしませんでした。
憧れの青いパジェロのオーナーになったんだ!という喜びの方が大きかったですね。
買ってからはもう嬉しくてあちこちドライブしましたが、一度ゴールデンウィークを利用して、九州をぐるっと廻ったのが一番思い出深いです。
5日間掛けてドライブしながら観光して、ずっと車中泊で(笑)
3年間乗りましたが、下取りの際にディーラーさんに「もう値段がつけられないですね」と言われる程、クタクタに乗り潰しました。
将来、またパジェロのオーナーになりたいなあとなんとなく思っています。良い車でした。

ランサーエボリューションがほしかったけれどサルーンにしました若い頃、見た目で三菱のランサーエボリューションに惹かれ、いつかは乗りたいと思っていました。しかし、価格を見たら新車だと300万から550万円、中古車でもけっこうなお値段がして、とても手が出せないと思いました。
そこで名前だけ同じような「ランサーMXサルーン」を中古で購入しました。エボリューションとは全然見た目が異なりますが、乗ってみたら運転しやすく通勤するにはこちらのほうが良かったと思いました。
雪道での事故でサルーンが大破してしまい、自動車整備工場の人から修理より廃棄のほうがいいと言われ、泣く泣く手放しました。他の車には興味がなく、同じのがほしいと思っていたのですがなかなか見つかりませんでした。
その後、メーカーからミラージュが入荷したと電話が来て見に行ったのですが、そこにあったのはサルーンと見間違うほどのものでした。名前は違えど、乗り心地も良く、即決で購入しました。
後にサルーンとミラージュは同じ形式で、グリル・トランク・リアコンビネーションランプの形状とウィンカーの色が違うぐらいだということがわかりました。私にとっては全然違う苦妻より、同じような車に乗り続けることのほうが合っているように思います。